農業を始めるまで

新規就農者にあたっての心構え

非農家の出身者は、農家の後継ぎと比べてハード面や生活条件のソフト面でもゼロからのスタートですので、「何が何でも就農で夢を実現するぞ」という強い意欲と熱い情熱が必要です。

都会生活がいやになった。サラリーマンが面白くないから、田舎でのんびり生活したいこんな気持ちで就農されては困ります。必要なのは、農業に対する意欲と勇気と知恵です。

自分の経営像の明確化

自分が就農を意識するようになった動機を充分踏まえて、自分がやりたい農業のイメージを固め、相談を通じて次第に具体化していくことが大切です。

例えば

  • ① 水稲・畑作・畜産・菌茸類等作目の幅が広く畑作の野菜•花きにしても露地栽培か施設栽培か。
  • ② 栽培方法も農薬や化学肥料を使う一般的な栽培か、農薬・化学肥料を使わない有機農法か。
  • ③ 経営のスタイルとして作目を単品に絞る単一経営にするか、複数作目を経営する複合経営を採用するか。
  • ④ 資金面・労力面を考慮して経営規模をどの程度にするか。
  • ⑤ 地域で奨励している作目で消費者への直接販売を目指すか、共同出荷体制に参加するか。

就農地の選定

農業をどこでやるか、一定の候補地域とどんな農業をやりたいかというイメージがあれば、候補地域に対してイメージに合う農地があるかどうかも、問い合わせる事が出来ます。ある程度は希望する地域を決める必要があります

希望する作目が決まり、就農地を探すという段階において、いわゆる「主産地」といわれる地域は、生産技術の指導体制や生産物の出荷体制が整備されているなど、新規就農者の入りやすい環境を整えているところが多いですので、有力な候補地といえます。

お問い合わせ

体験・現地見学

就農希望者のミスマッチを防ぐため、必ず体験や現地見学を行いましょう。
気軽に参加できるイベントや体験ツアーなどが行われているので、まずは積極的に参加して見ましょう。

イベント・お知らせをチェックする

営農(就農)計画作成(就農内容の決定)

経営収支計画(生産・販売計画)、機械・施設導入計画、資金調達計画を立て、具体的な就農内容を決定しましょう。

資金の確保

新規就農するには、農地の購入又は貸借、施設の建設、製機具の購入等設備投資のための資金や、肥料・農薬・種苗代など1年間営農するのに必要な資金を準備しなければなりません。 また現金収入があるまでの生活資金の準備も重要です。

農業技術の習得

農業を営むには確かな技術が必要です。趣味ではなく、職業として農業を営むのであればしっかりと農業技術を習得しておく必要があります。

  • ① 全国各地の就農準備校
  • ② 福島県農業総合センター農業短期大学校
  • ③ 経営のスタイルとして作目を単品に絞る単一経営にするか、複数作目を経営する複合経営を採用するか。
  • ④ 自治体の研修制度と農家研修

などを利用する方法があります。

農地、農機械・施設の取得(賃貸を含む)

農地は、就農先市町村の農業委員会等で所定の手続きが必要です。
農業機械・施設は、必要最小限とし、徐々に準備を充実していくことが賢明です。

住宅の確保

就農先の市町村に相談して、出来るだけ農地の近くに確保することが望ましいです。

地域社会とのコミュニケーション

新しく農業を始めるということは、同時に農村に移り住み、農村で暮らすことを意昧します。つまり、農村社会の一員となるわけです。そこで、農村社会の実情を理解しておくことが大切です。

農村は、長年農業が営まれてきた場所であり、地域の人々同士の付き合いが都市に比べて濃密です。したがって、時として外部の者に対して閉鎖的な場合もありますので、農業を始めるには、地域に溶け込み、村の人たちと深く親しく付き合うことが大切です。

PAGE TOP