ふくのう

newsお知らせ

news

農業の厳しさはやがて楽しさになる。飲食業界を経て独立就農した、若き小松菜農家の現在地

2021.02.12

就農を志す理由は人それぞれですが、「やってみたい」というシンプルな理由だからこそ、気負わず挑戦できることがあります。福島県田村市で小松菜のハウス栽培を手がける青年も、そうした思いを抱いて農業の世界に飛び込んだ一人。「良いものを食卓に届けたい」。揺るぎない信念の背景には、農業人としての誇りと、同じ志を持つ仲間の存在がありました

記事全文を見る

category

archive